お医者様から患者様へ|突然の体調不良にも焦らないように内科を調べておきましょう!

お医者様から患者様へ

病棟を見上げる医師

病院では医師を筆頭として他の医療スタッフがサポートを行い、それによって形成されている医療の枠組みに従って患者は治療を受けるというのが基本になっていました。その形が踏襲されている病院も多いものの、傾向は着実に変化してきています。お医者様による治療が行われる現場から、患者様の満足する治療を提供するための現場という認識が医療業界で浸透してきているからです。患者としては言われるがままに治療を受けるのではなく、自分で治療方法を選択することができるようになってきました。裏を返せば患者側の自主性も求められるようになってきているのが現状であり、主体的に治療を受けるという意識を持って病院に行く必要が生まれてきています。

病院で患者側の主体性が求められるようになったことで、自分が望んでいる治療を受けられる可能性が高くなっています。とはいえ、素人ではなかなかどのような治療を受けるのが適切かを判断するのが難しいのも確かです。医師の言われるがままにならないようにするためにセカンドオピニオンを求められる病院も多くなりました。主治医以外からの意見を専門的な見地から話してもらい、それに基づいて受ける医療を選択できるようになっています。これによって客観的に判断してより良い医療を受けることができる可能性を高めることが可能です。セカンドオピニオンについては他の病院で聞くこともでき、より客観性の高い意見を基にして判断できる手段になるでしょう。